うつ病の症状・状態で児童・思春期の症例

うつ病の症状・状態で、児童・思春期の症例に適応される場合、抑うつ気分は、子どもや青年の場合、イライラした気分であってもよく、食欲障害による体重減少は、成長期にある児童の場合、期待される体重増加が見られないことでもよいとされています。

躁うつ病は典型的な躁状況とうつ状況を繰り返す双極型障害と軽躁状況とうつ状況を繰り返す双極型障害に分類されます。

気分変両性障害の経過内部に大うつ病性障害が合併していると重複うつ病と呼び、大うつ病性障害が反復している時は反復性うつ病と呼びます。

典型的なうつ病の事を大うつ病性障害と呼び、軽症うつ病が長期間間続く時を気分変調性障害と呼びます。

また、「子供のうつ病」は、うつのみが生じるうつ病とうつと躁の波を繰り返す躁うつ病に大別されます。

うつ病の症状に注意!

Published in: うつ病対策の知恵袋

Comments are closed.