バストは体全体の脂肪量のごくわずかをしめるにすぎない

バストはよく目立つだけで、体全体の脂肪量のごくわずかをしめるにすぎず、しかもその大きさはほかの脂肪の貯蔵所、たとえば太腿や腎部や上腕にくらべて体重の増減による変化が少ないです。

したがって、バストの脂肪は女性の健康や栄養状態を示す指標にはなりえないのです。バストは女性の生殖能力や乳の分泌量とまったく関係なく、母親としての価値を充分に示すものではないです。

バストはその女性の排卵や妊娠状態について、男をだまし、擾乱するために進化したのではないかという説があります。誰が父親かという問題をうまく隠し、自分の子でないと知ると赤ん坊を殺してしまう男の性癖を抑制するのです。

人目をあざむくこの商品になぜ男性が惹きつけられるのかははっきりせず、なぜか男はバストの外観が好きでたまらないのだと考えるほかないです。

太らないでバストアップする方法
バスト胸の形を良くする方法
バストアップ 胸を大きくする豊胸手術後の合併症と不安や心配
胸を大きくする方法の解説

Published in: バストアップの知恵袋

Comments are closed.