頚椎ヘルニア 症状を探ればそのまま肩こり 原因になる場合が多い

頚椎ヘルニア 症状を探れば、そのまま肩こり 原因になる場合が多いです。

典型的な症例ですが、40歳の事務職Mさんは、毎日のように朝から夕方まで、時には夜になってもワープロに向かって仕事をしていました。

彼女は、そろそろ新しい眼鏡が必要になっていることに気づいていませんでした。コンピュータの置かれた場所の照明は昼は明るすぎ、夜には暗すぎて、一定していません。

椅子は体に合わず、机は低すぎました。頚椎ヘルニア 症状で、肩と首に痛みがあり手にしびれを感じるようになっていました。

こうした症状が出るのを当人は不思議に思っていたようですが、実は何の不思議もありません。

これほど肩こり 原因になる頚椎ヘルニアを発症しやすい労働環境は、そうはないだろうというほど条件がそろっていたからです。

Published in: 成人病対策の知恵袋

Comments are closed.