噛む犬のしつけではスワレやフセを教えておくと良い

噛む犬のしつけでは、スワレやフセを教えておくと良いです。

まずは人差し指を立てた右手を、体の左側から回す方法です。離れた位置にいる犬に「スワレ」の合図をする時、使うとよいでしょう。

しつけに慣れ、覚える余裕がある犬に教えます。右手の人差し指を立てます。その手を自分の体の左側にもっていきます。胸のあたりにくるように上げましょう。

指を立てた手を、左側から右2側に移動させます。ここで手をとめてはいけません。次の動きにスムーズに移ってください。

右側に移した手を、そのまま上に上げます。人差し指は立てたままです。体の前で弧を描くように手を動かすのがポイントです。

手は動かし続けています。人差し指を立てた手を自分の顔の前にもって行きます。始まりから終わりまで、手の動きを止めずに流れるように動かします。離れた位置にいる犬にわかるように、はっきりと動かしてください。

最初は好きな食べ物を使って行い、次に犬の脚をもって教え込みます。最終的には、手の合図で「フセ」ができるようにしていきます。そうすれば、噛む犬でもなんとかできます。

さらに食べ物を前方へもっていきます。すると、犬も体を前に伸ばしてきます。この時、犬は後ろ脚をたたむような形になり、自然に「フセ」の姿勢になります。

噛み付き・甘噛みする犬のしつけ

 

Published in: 犬のしつけ知恵袋

Comments are closed.