肥満者も非肥満者も体重や体型をつよく意識

現在のアメリカでは、肥満者も非肥満者も体重や体型をつよく意識しています。この傾向は今後も続くでしょう。

また、アメリカで見られるほどの重症例は少ないにせよ、確実に肥満者が増加しつつある日本でも、今後、類似した状況が生じるかもしれません。

つまり、アメリカでも日本でも、スリムでなければならないという強迫観念が社会に広まり、ある種の価値観を生み出します。かりに個人として、そのような強迫観念や価値観から逃れることができたとしても、その個人が生活している社会には、理想とする身体イメージが厳然と存在するのです。

肥満であること、つまり過剰の脂肪が蓄積した状態は、さまざまな健康上の不利益をもたらします。

肥満は健康上のリスクであり、いろいろな合併症を生じ、生命をおびやかすことがあります。一方、反論もあります。肥満であっても比較的良好な健康を維持する人々も少なくないのです。

つまり、BMIが大きいということが、すぐに健康上のリスクに直結するわけではないからです。

リバウンドしない痩せ方ダイエット方法
無理なく痩せるダイエット
食べても痩せられるダイエット方法
ダイエットで痩せる

Published in: ダイエットの知恵袋

Comments are closed.