機関投資家とはいったい何者か

新聞やニュースで株式関連のニュースを見ていると「機関投資家」という言葉がよく使われています。この機関投資家とはいったい何者なのでしょう?

答えです。機関投資家とは、保険・年金基金・投資信託・共済組合などの法人または団体で、安定的な資産を背景に、投資目的で継続的に証券投資(株式投資や債券投資など)を行う投資家のことを指します。

近年、年金制度の発展にともない年金資金の増大、企業への貸付金の頭打ち、また、余剰資金の投資市場への流入などにより、機関投資家の運用資金は膨大な額にのぼり、株式市場への影響も大きなものとなっています。

株取引の方法を解説しているサイト
インターネット株式投資の知識と方法を徹底解説!
株取引のリスクを抑える方法
株式投資の考え方と銘柄選びの方法

Published in: 投資についての知恵袋

Comments are closed.